So-net無料ブログ作成

法律上の不倫、不貞行為とは? [不倫に関する法律]

法律上の不倫・不貞行為のとはどういうも?

それは

配偶者のあるものが、

配偶者以外の異性と、

自由意思で

肉体関係をもつこと


です。

配偶者のあるものとは?

法律上の夫婦かと聞かれれば少々違う。

法律上の夫婦とは、
市役所や区役所等に「婚姻届」を提出している夫婦のこと。

しかし、それ以外にも民法上認められる
可能性のあるのが、
内縁関係の夫婦。

婚約関係にある男女も、
「配偶者のあるもの」
とは言えならないが婚約者以外の異性と
不倫を行えば、他方の婚約者から
慰謝料を請求される可能性はある。


事実上夫婦関係が破綻しているような場合
不倫の慰謝料が発生することはない



配偶者以外の異性とは?

異性なので、同性愛というのは法律上の不倫、
不貞行為に該当しないだろう。(今のところは)

但し、法律上の不倫、不貞行為には該当しなくとも、
民法に定められた
「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当し、
離婚原因にはなる可能性がありますから、
配偶者から離婚を請求されることはあり得ます。



自由意思とは?

自由な意思で肉体関係を持つということですから、
脅迫などで脅迫されての肉体関係は、
法律上の不倫、不貞行為に該当しない。

女性が強姦された場合なども、自由意思とは
言えませんから、不倫には該当しないことになる。



肉体関係をもつこと?

会社の同僚と食事した、デートした、キスをした
というのは、法律上の不倫、不貞行為には該当しません。
メールや電話も該当しません。

但し、不倫は通常密室で行わるため、
その行為の現場を押さえることは不可能に近い。

そのため、ラブホテルに入ったり、
異性の一人暮らしの自宅に長時間滞在していたり、
泊りがけの旅行に行って同じ部屋に宿泊した
など肉体関係が推測できる場合は、
いくら当事者が否定しても、肉体関係があったと
判断される可能性が高いです。


当事者が否定すれば肉体関係がなかったと
されるのであれば、世の中の不倫はほとんど
闇に葬れることでしょう・・・

とはいえ、実際に肉体関係のないまま
(何か生理や他の原因で?)というケースも
あるんでしょうが、肉体関係を持つという意識が
あったことはあったんでしょうね。



ブログパーツ





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。